モビット郵便物

モビットから郵送されるもの

これからモビットの利用を検討している人で、家族に内緒で借入を行いたい人は家族にバレないか不安な思いを抱えていませんか。家族にバレるキッカケの多くは郵送物だそうです。たまたま家族が郵送物を空けて発覚してしまうケースが多いようです。

 

では、郵送物を送らない方法があったらどうでしょう。ほぼ家族にバレる心配はなくなります。モビットではそれが可能です。どのような方法なのかきっちり解説していきます。

 

モビットは三井住友銀行グループのカードローン会社です。銀行グループではあるけど、消費者金融であるがゆえに、モビットからのお知らせが来ているのを知られると恥ずかしいですよね。特に家族に内緒で借入をしている場合は電話や郵送物が家に来ると困ります。

 

・モビットの申込み方法
まず、モビットでは以下の6通りの申込み方法を用意しています。
1. パソコン
2. ケータイ
3. スマートフォン
4. 郵便
5. 電話
6. ローン申込機

 

モビットがカードローン会社と言われているのは、文字通りキャッシングする際に専用のカードが必要になるからです。そのカードが郵送で送られてくるのです。しかし、カードの受取をローン申込機でした場合カードはその場で発行されます。

 

ローン申込機とは自動契約機のことですが、これなら郵送物が送られてくることはないかと考えるかと思いますが、そうはいきません。実は、郵送物にはカードの他にも色々な書類が付いてくるのです。

 

・郵送物の中身
郵送物には以下のものが含まれます。
1. モビットカード
2. 返済日・返済額についてのご案内
3. 入会申込書
4. 契約内容確認書
5. 入会申込手続きのご案内
6. 預金口座振替依頼書
7. 会員規則
8. 「Myモビ」のご案内
9. 提携ATM一覧
10. 返信用封筒

 

これらの書類は申込み状況によって異なりますが、自宅または勤務先など指定した住所に送られます。

 

●差出人名は「MCセンター」
もちろんモビットも利用者に最大限の配慮をします。モビットという名前は有名なので、郵送物の差出人名にモビットという会社名は使わず、「MCセンター」として送られてきます。MCセンターとはモビット・コール・センターの事です。

 

法律上、偽名や偽の会社として郵送物を出したり電話をしたりすることは出来ないので、嘘ではない範囲で配慮されています。同様に勤務先への在籍確認や自宅へ電話をする場合、モビットという名前は出さず、担当の個人名で電話を掛けます。

 

初めて消費者金融で融資を受ける場合、特に周りに気付かれたらどうしようという思いが強いでしょう。一応そのあたりは考慮されているので、一見モビットからの郵送物だとは気付かれないようになっています。

 

●家族にばれたくない人は、郵送には十分注意する
しかし、モビットは必ず「MCセンター」という名前で郵送物を送るので、もしそれを家族が知っていたらすぐに気付かれてしまいます。また、家族が郵送物を不審に思って開けてしまったらすぐにバレてしまいます。

 

また、郵送の不便な点は時間がかかることです。すぐにでもカードを手に入れて融資を受けたい場合は、ローン申込機などでカードを受取にいく必要があります。家の近くにローン申込機がなかったり、人通りの多い場所にあったりすると入るのも恥ずかしいですよね。

 

モビットは利用者のことを考え、常に変化をし続ける消費者金融です。最近では、その不便さを解消するサービスが登場しました。それが「WEB完結」です。

 

WEB完結なら郵便物は届かない

WEB完結とは、インターネットの繋がるパソコン、タブレット、スマートフォンから申し込みができ、電話確認不要、郵送物不要、カード不要のサービスです。ただし、誰でもWEB完結に申し込めるわけではなく、一定の条件があります。

 

・WEB完結申込みの条件
WEB完結申込みには以下2つの条件を満たしている必要があります。
1. 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座をお持ちの方
2. 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合健康保険証をお持ちの方

 

カードレスで良い理由は、1にあります。基本的にモビットでキャッシングをする場合専用のカードでATMからお金をおろす必要があります。しかし、WEB完結では、三井住友銀行か三菱東京UFJの銀行口座を持っていれば、その口座に振り込むことが可能になるのです。

 

審査が通って、実際に融資を受けるには、インターネット上にあるMyモビの専用ページから希望金額を入力して、振込を待ち、振込されたらご自身の銀行カードでおろせば良いだけです。

 

電話が不要な理由は2にあります。全国健康保険協会もしくは組合発行の健康保険証を持っていることで会社名と在籍確認が完了します。わざわざ電話をして在籍確認する必要がなくなるのです。また、銀行口座を持っているということは身元確認も取れているので、この2つの条件が揃うだけである程度の確認が終わるということです。

 

では、なぜ郵送が不要なのでしょうか。一つの理由はカードレスです。カードが必要ないので、郵送の理由が一つ消えます。しかし、ローン申込機同様契約書類などは必要になります。それはどうなるのでしょうか。

 

これは、ネット交付される仕組みになっています。通常なら契約書などを郵送して、返信する必要があるのですが、ネット上ですべて完結できるようになっています。同じ要領で本人確認書類や所得証明書も写真やスキャンなどで添付するようになっています。

 

●多くの人がWEB完結を利用理由
WEB完結というサービスが実施されてから多くの方が利用するようになりました。比較的条件が緩く、利用しやすいことと、多くの方は電話確認や郵送物の発送で二の足を踏んでいたことが伺えます。

 

大手の企業なら組合健康保険証を発行しているし、中小企業なら全国健康保険協会の保険を利用しています。もし、ご自身の健康保険証がどこから発行されているか分からなければ一度確認をしてみて下さい。保険証には必ず発行元の記載があります。〇〇組合や全国健康保険協会と書いてあれば保険証の条件はクリアされます。

 

銀行の口座にしても2つ大手都市銀行の口座ならどちらか一つ持っている人は大勢いますし、銀行の口座なら作るのも簡単です。たったそれだけで2つ目の条件がクリアになります。つまり、健康保険証さえそろえば簡単に申し込みが可能となります。それだけで、一番嫌な電話確認と郵送物がなくならそちらを利用したいと思うでしょう。

 

また、WEB完結は申込みもモビットのHPからすぐに行えます。WEB完結のページにいき、必要事項を記入し、必要書類を携帯のカメラやスキャナを使って添付するだけです。その後、審査の結果がメールで届き、指示に従って入会手続きをネット上で行えば完了です。後はMyモビから金額の指定などをして振込みを待つだけです。

 

WEB完結はよりモビットを利用しやすい環境に変えました。その分、安易なローンを考える人が増えているのも事実です。ローンカードは便利ですが、時には人生を変えてしまう恐れのあるものです。返済まで考えた借入をして賢く利用していきましょう。