モビット取り立て

返済期日を過ぎると電話連絡が入ります

モビットから借入を行い、何らかの事情があって返済を延滞してしまった場合、厳しい取り立てや嫌がらせを受けてしまうのでしょうか?モビットに限らず、大手金融機関は、独自の取り立てマニュアルに従って、債務者に取り立てを行います。モビットの取り立て方法は、紳士的かつ、ソフトな物腰で貸付金の返済を要求します。それでも返済されなければ、モビットは裁判で訴えを起こし、合法的に貸付金の回収を図ります。では、どういった手順を踏んで、モビットは取り立てを行うのでしょうか?

 

モビットの返済を遅れた場合は、まずは携帯電話に連絡が入ります。いきなり自宅や勤め先に電話連絡が入ることはありません。厳しい口調で言われることもなく、極めて紳士的で物腰の柔らかい取り立てが第一段階です。

 

例)
「モビットの〇〇と申しますが、●●様の携帯電話でお間違いないでしょうか?」
「お電話口の方は●●様ご本人でしょうか?」
「今月の返済日は△日でしたが、いかがなさいましたか?」
常識の範囲内で返済期日を決める
「では、返済日をお間違いないようにお願い致します。」

 

というような電話連絡が入ります。モビットの取り立ては、いきなり厳しい態度を取られることはありません。電話連絡が入るまえに、登録メールアドレスに返済が遅れている旨を伝えるメールが届く場合もあります。返済期日を忘れてしまった場合は、Myモビや公式サイト、カスタマーセンターに連絡に入れれば確認することができます。

 

・郵便物による督促状が届く

 

上記で交わした返済期日を反故にして、約束が守られない場合は「郵便物の郵送を希望しない」と設定をしていても、自宅に督促状が届くようになります。この段階でモビットの追加融資を受けることは困難になり、個人信用情報に「延滞」「滞納」と記録されている可能性が非常に高くなります。すぐにモビットに連絡を入れて、返済日に関する相談を行いましょう。

 

●延滞履歴が記録されると債権回収会社に委託

 

電話連絡、郵便物による督促を放置し続けると、債権の回収が困難とモビットは判断します。利用者の債権は、債権回収会社に委託され、以降はモビットからではなく、債権回収会社から連絡が入るようになります。債権回収会社に債権の回収を委託されてしまうと、紛れも無い金融事故として扱われてしまいます。モビットから追加融資を受けることはもちろん、他社のキャッシングや各種ローンを組むことはできなくなります。さらに、延滞利息と通常利息、元金を一括請求される可能性もありますので、返済期日は必ず守りましょう。

 

・モビットの取り立て方法

 

モビットはヤミ金業者のような、厳しく違法な取り立てを行うことはありません。債権回収会社に委託したとしても、違法な取り立てが行われることはないのです。下記は違法な取り立ての一例です。

 

1.声を荒げるなど、乱暴な言葉使いで暴力的な取り立てを行う
2.自宅へ多人数で取り立てに行く
3.午後9時から午前8時の間に電話・電報または訪問する
4.粘着質に何度も電話、電報、訪問を行う
5.張り紙やチラシなどを使い、借入の事実を本人以外に周知させる
6.正当な理由なく勤務先へ訪問して取り立てを行う
7.他の貸金業者、クレジットカードを用いて返済を要求する

 

モビットは上記のような違法な取り立ては行わず、法に則った方法で取り立てを行います。合法的に給料や財産を差し押さえられる可能性が非常に高く、給与が差し押さえられるということは、会社に借金が見つかることを意味しています。借入する際は、確実に返済できる金額を借入しましょう。

裁判で訴えられる可能性があります

借入金の返済が2ヶ月以上延滞して、尚且つモビットからの連絡を放置し続けると、裁判で訴えられる可能性が非常に高くなり、「給与の差し押さえ」か「一括返済」のどちらかを要求されることになります。

 

・給与の差し押さえ

 

借金を完済するまで、給与の手取り金額のうち、4分の1まで毎月差し押さえられます。

 

例)
給与手取り金額25万円÷4=62,500円
25万円−62,500円=187,500が生活費として残ります。

 

給与の差し押さえが実行されると、会社に差し押さえ通知が送付されるため、借金の事実が会社に知れ渡り、延滞して給与を差し押さえられることも、会社に知られてしまいますので、延滞することなく返済していきましょう。

 

・一括返済の要求

 

滞納者の多くは一括返済を要求されても、滞納している借金を一括返済することはできません。裁判所は滞納者に対して出頭命令を出して、裁判所で事実関係の確認が行われますが、ほとんどの滞納者は裁判所に出廷しないことが多いそうです。何故なら返済を迫られても、一括返済に応じるだけの返済能力がないからです。最終的には、弁護士を通じて返済額の交渉を行い、決められた返済額を毎月返済していく形に落ち着くのが一般的です。

 

「給与の差し押さえ」と「一括返済」のどちらが選択されるのか?答えは一概には言えません。滞納者の利用状況や属性、滞納者のモビットへの対応によって異なります。モビットからの連絡を放置し続けると、一括返済を迫られる可能性が高くなります。返済が困難な状況になるほど、モビットとの連絡は密に取るようにしましょう。

 

●モビットではテレビドラマのような取り立てはありません

 

ミナミの帝王やナニワ金融道など、貸金業者をテーマにしたドラマは数多くあり、テレビドラマで描かれる取り立ては、演出として過激に描写されています。ヤミ金業者は怖いと視聴者に恐怖を感じさせ、借入金の未払いをしてはいけない、と思い込ませる狙いがあるようです。借入金の未払いや延滞は絶対にしてはいけませんが、テレビドラマのような取り立てを現実に行うと、恐喝罪や不法侵入罪などが適用され、貸金業者側が逮捕されてしまいます。
さらに、2006年にアイフルが違法取り立てを行い、全店営業停止の処分が下されました。以来、貸金業者側も取り立ては慎重に行うようになり、法律で定められた取り立て基準以上に細心の注意を払って取り立てを行っています。各社独自の取り立て基準を設け、絶対に違法取り立てを行わないように企業努力をしています。延滞や未払いをしてはいけませんが、テレビドラマの取り立てのように、暴力事件に発展することはありません。

 

・違法な取り立ての対処法

 

もし、違法取り立ての被害を被ってしまった場合は、警察や法律相談事務所に相談しましょう。実際に受けた被害によって相談窓口は異なりますが、警察か法律相談事務所に相談すれば、適切な相談窓口を案内してもらえます。

 

表a)

 

上記の被害内容は全て刑事事件として扱われます。上記のような違法取り立てを受けた場合は、警察へ被害内容を相談して、刑事の指示に従って問題を解決していきましょう。

 

●返済を延滞しない5つの注意事項

 

モビットを含む全ての金融機関から借入をする際は、返済を延滞しないことが前提条件にあります。借入したお金は必ず延滞せず、全額返済しなくてはいけません。

 

1.借入前に綿密な返済計画を立てる
2.無駄な借入はしない
3.支出と収入を確認する
4.返済は口座振替を利用する
5.返済期日を忘れない

 

上記の5つの注意事項を踏まえ、モビットを賢く利用しましょう。借入前には、必ず綿密な返済計画を立て、返済は極力口座振替を利用。口座振替で返済を行えば、確実に返済忘れを防ぐことができます。どうしても返済期日を忘れてしまう方は、口座振替を利用した返済方法がおすすめです。

 

●モビットの取り立てで抑えたいポイント!

 

モビットは、テレビドラマのような違法取り立てを行うことは絶対にありません。もしも、違法取り立ての被害を被ってしまった場合は、警察か法律相談事務所を利用しましょう。
モビットは違法取り立てを行うことはありませんが、法律に則った取り立てを行い、給与の差し押さえや、借入金の一括返済を要求されることもあります。返済を延滞してしまいそうなときほど、モビットにしっかり連絡を入れ、改めて返済日について話し合いましょう。連絡をしっかり取って、返済する意思を見せていれば、裁判で訴えられるなどの強硬手段を回避できます。