モビット店舗

モビットの店舗って見たことないけど本当にあるの?

結論から言うと、モビットには有人店舗はありません。

 

ここ数年で多くの消費者金融が店舗を閉めましたが、モビットは有人店舗ゼロで運営されています。

 

そのため、モビットで借入をする際は、インターネット、電話、ローン申込機から申込み、指定の銀行口座に振り込みをしてもらうか、カードを受け取り提携ATMからキャッシングすることになります。

 

有人店舗のメリットは、その場で質問をしながら申込み、借入が出来ることですが、モビットでは9時から21時まで電話対応で質問に答えてくれますし、提携ATMの多さから即座にキャッシングも可能です。

 

また、有人店舗はありませんが、無人店舗は各地に存在します。

 

・無人店舗「ローン申込機」
モビットの無人店舗はローン申込機と呼ばれています。ローン申込機ではカードの申込みと受け取りが可能です。

 

書類のやり取りはその後、郵送ですることになります。

 

インターネット、スマホ、電話などで事前に申し込みをする場合、カードの受け取り方法をローン申込機とします。予約番号が発行されますので、ローン申込機でその予約番号を入力するとカードの発行となります。

 

●近くのローン申込機を検索したい時の便利なHP
近くにローン申込機がないか探すときに便利なのが以下のサイトです。
http://sasp.mapion.co.jp/b/mobit/
こちらはモビットのローン申込機の設置場所を検索できるページです。

 

施設名を入れて検索したり、都道府県・市区町村を入力して検索したり、キーワードで検索できようになっています。

 

インターネットで事前に申込みをする場合、ローン申込機が近くにあるか先に確認し、カードの受け取り方法を決めておきましょう。

モビットのATMはどれくらいあるのか?

カードはローン申込機で発行可能ですが、キャッシングと返済はATMで行う必要があります。
モビットには自社のATMがありません。

 

 

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行をはじめ、多くの地方銀行ATM、コンビニに置いてあるセブン銀行のATMでもキャッシング可能です。

 

提携ATMは以下のページで確認できます。
http://www.mobit.ne.jp/riyou/atm/index.html

 

●コンビニATMでもモビットは使えるの?
上記の銀行が使えるATMであれば、コンビニATMでもキャッシング、返済が可能です。

 

また、返済に限り、ファミリーマートのFamiポート、ローソン・ミニストップのLoppiにて支払いが可能です。

WEB完結申込での借入方法と手順

モビットでは2012年10月より、PC、スマホ、タブレットからの申込みに限りWEB完結申込みというサービスが使えます。

 

これは、申込みから融資まで一連の流れがすべてWEB上で完結でき、よりスピーディーに借入ができるシステムです。カードレスなので、店舗に出向いたり、郵送でカードを受け取る必要もありません。

 

WEB完結申込みができる条件は以下の2つです。
1. 三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通預金口座をお持ちの方
2. 全国健康保険協会の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方

 

流れは以下のようになります。
1. インターネットで申込み、必要事項を記入し、申請して下さい。
2. 審査結果がメールで送られています。
3. メールの内容に従って、入会手続き

 

以上のステップのみとなります。

 

WEB完結の申込ならば、先ほど言ったようにカードレスで、契約書類もWEB上で交付されるため郵送のやり取りも一切ありません。

 

また、連絡はすべてメールで行うため、本人への電話も勤め先への電話もありません。
(審査の結果によっては、本人へ確認の連絡がいく場合もあります。)

 

手続き完了後は指定の口座へ振り込まれるので、手間もかかりません。

 

●店舗で借り入れる時とネットで借り入れる時の違い
店舗で借入をした方が良いか、ネットで借入をした方が良いか悩む方もいるかと思います。
両方のメリット、デメリットを書きます。

 

店舗のメリット
・審査通過後にすぐカードが受け取れる
・コンビニATMなどは24時間利用可能
・インターネットに繋いでいなくても借入可能

 

店舗のデメリット
・営業時間と店舗の場所が限られている
・ATMによっては手数料がかかる

 

WEBのメリット
・条件が揃えば手間のかからないWEB完結が使える
・申込みは24時間可能

 

WEBのデメリット
・WEB完結の条件でなければカードの受け取りまで時間がかかる、または振込みまでに時間がかかる
・インターネットが不得意な人は申し込みが大変

 

メリット、デメリットを見ると、まずいつまでに現金が必要か考える必要があります。

 

本日中であれば、現在の時刻を確認し、14時50分前であればインターネットから申し込みをして指定口座振り込みが一番早いですし、14時50分を過ぎていて、ローン申込機がやっているのであれば、ローン申込機でカードを受け取り、提携ATMでキャッシングが最も早くなります。

 

また、本日中に必要でない方は、手数料で考えても良いでしょう。
提携ATMだと手数料がかかる場合があるので、振込キャッシングの方がお得かもしれません。

 

ただでさえ、借入をすると金利がかかります。
少しでも払うお金を減らすことも賢く借入をするコツです。

 

モビットでは様々なサービスを展開して、利用者が使いやすいように日々進歩しています。
利用者側もそのサービスを賢く使い、上手に借入を行いましょう。