モビット収入証明書

借入れに収入証明が必要な理由

どんなカードローンであっても、申し込み時には、本人確認書類を始め、様々な書類が必要となります。その必要書類の1つに含まれていることの多いのが、「収入証明書」です。しかし、その名称からは、(主婦の方や無職の方などは特に)実際に何を提出すればいいのか分からず、問合せすること自体がはばかられている方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、そんな「収入証明」やその「明細書」について解説し、必要性も合わせて確認していきたいと思います。

 

カードローンの申し込み時に収入証明が必要な理由は、利用者の返済能力を確かめることにあります。カードローンは基本的に担保を必要としませんので、利用者がきちんと返済できることを、収入証明を以て確認するわけです。
また、もう一つ大きな理由は、「法律で定められている」からです。消費者金融は「貸金業法」によって、1社での利用限度額が50万円を超える、もしく利用者が現在借り入れているすべての借入金額と今回の利用限度額の合計が100万円を超える場合については、必ず収入証明を取得する義務を負っています。
そのため、利用者は該当する希望限度額で借り入れを受ける場合には収入証明を提出しなければならないのです。もし、条件に該当するにもかかわらず収入証明不要を謳っている消費者金融があった場合は、明らかに法律違反ですのでご利用されないことをオススメします。(ただしセブン銀行カードローンなどの銀行カードローンの場合は「銀行法」が適用されますので、この条件には当てはまりません)
ただし、例えば借入額が50万円に満たない場合や、他の業者からの借入と合わせても100万円に満たない場合など、この条件に当てはまらない場合には収入証明がまったく必要ないのかというと、必ずしもそうではありません。
消費者金融の間では、氏名や借入状況、返済状況などの信用情報はやりとりされており、審査に利用されています。しかしその中に収入についての情報は全くなく、彼らの知り得ない情報になっていますので、申込書に記載する収入額の証として収入証明を求められる場合があるのです。
そのため、実際にどのくらいの金額の借り入れから収入証明の提出を求められるのかについては、各消費者金融の規定を確認しなければ分かりません。

 

モビットの場合、収入証明が必要な基準が明確にされていない。

では、モビットで借り入れする場合は、どれくらいの借り入れから収入証明を求められるのでしょうか。
残念ながら、その答は「不明」です。
モビットのサイトの必要書類のページでは、『現在の収入を証明できる書類として、以下のいずれかの書類をご提出いただく場合がございます』という文言と共に、源泉徴収票の写しや所得証明書の写しが例として掲載されているだけで、明確にいくらの限度額以上で必要、などという記載がまったくありません。
『場合がある』という曖昧な記載になっているのは、利用者としては何とも歯がゆい感じですが、利用者の信用情報から判断して「確認しておく方が良い」と判断された場合に、融資額がいくらであっても確認できるよう、わざと曖昧に記載しているものと思われます。(おそらく、返済遅延などの金融事故の記録があるかどうかが「確認しておく方が良い」と判断される基準に該当するものと思われます)
しかし逆に言えば、信用情報がしっかりしている(今まで返済遅延などを起こすことなく完済しており、クレジットカードなどの支払いでも問題がない)場合は、50万円ぎりぎりであっても収入証明が不要になる可能性もある、と考えることもできます。
といっても、実際にどんな理由で必要とされるかは分かりませんので、モビットのカードローン申し込み時には、収入証明を準備しておくに超したことはないでしょう。

 

●モビットでは、必ず収入証明が必要な場合がある。
モビットでは、借入金額が貸金業法で規定された金額に満たない場合、収入証明が不要である場合があると先に記載しましたが、実は借り入れる金額がいくらの場合であっても、必ず収入証明が必要になる場合があります。
それは、「Web完結」というタイプの申し込みの場合です。
Web完結タイプの申し込みは、店舗に出向くことはおろか書類のやりとりすらなく、契約のすべてについてインターネットを介して行うカード申込の方法で、職場や自宅への電話や郵送物が一切ありません。そのため、誰にも知られることなく借り入れができるという点で非常に優れた申し込み手段でしょう。
しかし、このタイプの申し込みでは、すべてをネット上で処理するが故に申し込み時の信頼性をきちんと証明する必要があります。そのため、借入金額がいくらであっても、収入証明書類の提出が必須となっています。
ご注意ください。

 

収入証明を提出する上での注意点

確実に必要になるかどうかはさておき、収入証明を提出するに当たって、実際に提出する書類がどんなものなのか、なにか注意点はないか、というのは気になると思います。
以下に収入証明として使用できる書類を紹介し、それぞれについて解説していきましょう。

 

・源泉徴収票
給与所得者(会社に勤めていて給料をもらっている人)であれば、毎年会社から渡される証明書です。多くの場合は年末か年始(12月か1月)頃に渡される書類で、その年の年収や支払った税金、社会保険料などが記載されています。
もっとも確実に収入証明となる書類とも言えます。
注意点としては、「なくさないこと」に尽きるでしょう。

 

・税額通知書
正確には「特別徴収税額通知書」もしくは「普通徴収納税通知書」という名称で、会社もしくは市町村から渡される証明書です。
「特別徴収税額通知書」は給与所得者に対して、会社から5月中旬くらいに渡されます。「普通徴収納税通知書」については、確定申告をした個人宛に6月初旬頃に市町村から送付されます。
こちらについてはあくまでも納めた税金額について、根拠となる所得や控除などの詳細が記載されたものですので、原則として、税金を納めない方(申告した結果、非課税になった方)については、交付されませんので、注意が必要です。

 

・所得証明書
正確には「課税(所得)証明書」という名称で、市町村税の税額及び、前年の1月から12月までの所得などの課税対象に関する証明書です。
各市町村の役所で手続きすれば取得することができますが、本人確認の書類と手数料が必要になります。
また、収入のあった年の翌年の6月1日に税金の金額が決定されるため、証明書の記載内容は前年中の収入の詳細になります。提出時にいつの期間であれば問題ないのか確認しておく必要があるかもしれませんので、ご注意下さい。

 

・確定申告書
自営業の方や給与所得以外に収入があった方など、自分で確定申告をされた方が、税務署に提出した書類です。
きちんと受理された最新のもので、税務署印もしくは税理士印が押印されたものでなければいけませんので注意が必要です。

 

・給与証明書
正確には「給与支払い証明書」という名称で、勤めている会社に請求することで取得できます。
なお、法律で規定されている書類というわけではなく、退職後も請求すれば取得することができることもあって、給与証明書には直近の給与明細書2ヶ月分、及び年間の賞与額が確認できる賞与明細書(賞与のある方の場合のみ)も合わせて提出する必要がありますので、ご注意ください。

 

モビットのサイトには、以上5種類の書類が「収入を証明できる書類」として掲載されています。
なお、個人事業主の方の場合は、これらとは別にモビットの用意したフォーマットの「営業状況確認のお願い」の提出が必要になる場合もありますので、モビットのサイトを確認し、書類を取得しておきましょう。

 

●モビットの公式アプリを使いましょう
ここまでで、モビットのカードローン申込に必要な収入証明書類について説明しました。
もちろん、カードローン申込時には、収入証明書類以外に、運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類が必要になっており、それぞれの写しを取る必要があるなど、それなりの手間がかかります。
仮にWEB完結での手続きを行うにしても、書類の写真を撮り、カメラやスマホからPCへ写真を転送してメールに添付し、所定の宛先へ送付するという手間は否めません。もちろん、スマホから直接所定の宛先へメールすればいいのですが、アドレス入力など煩わしい手順は避けられないでしょう。

 

そんな手間を最小限にしてくれるのが、モビットの公式アプリです。
モビットの公式アプリを利用すれば、カードローンの申し込み時の必要書類の写真撮影から送付までを手順に沿って行うだけでよく、書類送付の煩わしさは最低限に抑えられますし、書類撮影時の注意点なども提示してくれるため、写真映りの問題で再提出といった面倒なことも最低限に食い止めることができます。
もし、モビットカードローンに申し込もうと考えておられるなら、公式アプリの利用をオススメします。
なお、竹中直人さんと夏菜さんが起こしてくれる目覚まし時計の機能が付いているのは、ご愛敬ですね。