お金を貯めるには「楽をしない」ことが大事!

お金を貯めるには「楽をしない」ことが大事!

○「楽」の料金は無料ではない
 一昔前は、商店街で野菜や果物を買ったりすることが当たり前でした。しかし現在ではスーパーやコンビニでなんでも売っているような時代です。このような時代の変遷によってかなり現代の生活は楽になったと言えます。しかし、それによって失ったものもあります。それは、心……もそうなのかもしれませんが、「お金」が正解です。そこで、今回は「お金がなぜかたまらない人」が良く行ったり利用したりする場所について解説を行います。

 

1、コンビニよりも、商店街に足を延ばして。
 まず、コンビニが浪費の原因になるということは、ご存知の方も多いことでしょう。しかし、コンビニの怖いところは「お金を現地調達できる」と言うところです。現在多くのコンビニにはATMがあり、それを利用することが出来ます。しかし、例えば月に4回200円の手数料を払うと、一年で1万円近い出費となってしまいます。他にもコンビニで買えるものは基本的に割高と言うこともあるため、多少面倒でも商店街に足を延ばして銀行や専門のお店で買い物やお金の引き出しをすると良いでしょう。

 

2、 通販は、節約のように見えて落とし穴がある!
 ネット通販。今は便利な時代になりました。一昔前は田舎の古本屋さんまで行かないと見つからなかったような本が、一瞬で手に入ったりするなど、その利便性は計り知れません。しかし、このネット通販の一番怖いところは「合計いくら使ったか、分からなくなることが多い」と言うことです。この落とし穴にはまってしまうと「今月は、まだあまり使ってないはずだ」と気が大きくなってしまい、結局無駄遣いになってしまうことがあります。

 

3、100均での買い物が常にお得とは限らない。
 最近は100均も増えてきております。お菓子や日用品だけでなく、ちょっとした大工道具やパソコンゲームが置いてあったりなど、そのバリエーションも様々です。しかし、このように雑多なものが並んでいると、ついつい「いらないのに買ってしまう」と言う現象が起きやすいもの。また、文房具などの場合は案外「100均よりもスーパーの方が安かった」と言うこともあります。そこで利用するときには「必要なもの以外は買わないようにする」と言うことが重要です。

 

○まとめ
 現代社会は、非常に効率的になってきている。しかし、効率性が高くなればなるほど「せっかくだから」と考えて余計な出費をしてしまったりすることも多い。その為、コンビニや100均、ネット通販が好きな人は十分注意して買い物をすること。