モビット 繰り上げ返済

繰り上げ返済とはどのような返済方法なのか?

貸金業者から借りたお金を返す際には、元本以外に利息を支払う必要があります。利息は期間の経過とともに増えますから、返済期間が長期になるローンではかなりの金額を支払うことになってしまいます。定められた金額だけを機械的に返済していたのでは、利息を減らすことはできません。利息を減らすためには、「繰り上げ返済」が有効です。モビットからの借金も、繰り上げ返済を活用してなるべく早く返しましょう。

 

毎月の返済額よりも多く支払うのが繰り上げ返済

 

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングでお金を借りた場合、通常の返済以外に、「繰り上げ返済」をすることができます。
繰り上げ返済とは、毎月定められた返済額(約定返済額)よりも多くの額を返済することです。繰り上げ返済は、「追加返済」と呼ばれることもあります。

 

・約定返済額はあくまで最低返済額

 

モビットの返済方式は、「借入後残高スライド元利定額返済方式」と呼ばれる方式になります。これは、今借りているお金の残高に応じて返済する額が決まるというもので、残高が減っていくと約定返済額も少なくなるしくみになっています。
モビットの場合には、最終借入後残高10万円以下の場合4000円、10万円超過20万円以下の場合8000円、20万円超過30万円以下の場合11000円…というふうに、段階的に約定返済額が定められています。
この約定返済額は、最低返済額ということになります。必ずしもその額どおりを支払わなければならないのではなく、約定返済額以上であればいくら支払ってもかまいません。

繰り上げ返済のメリット

繰り上げ返済のメリットは、モビットに支払う利息を減らすことができるということです。

 

・そもそも利息とは何?

 

借金をした場合には、返済時に利息を支払わなければなりません。利息というのは銀行や消費者金融に支払う手数料のことです。
利息は、期間の経過に応じてかかってきます。すなわち、借入日数が多いほど、利息は増えていくことになります。

 

・利息はどうやって計算する?

 

利息は元本に対する割合(金利)で計算します。キャッシングの場合、金利は実質年率(1年でかかる金利)で表示されています。
モビットの金利は実質年率3.0%〜18.0%の範囲内となっています。金利が具体的にいくらになるかは、申し込み後の審査の際に決まりますから、人によって違います。
たとえば、実質年率18.0%というのは、100万円を借りて1年後に返済する場合、利息が18万円かかるという意味です。
実際には1年経過する前から返済は始まりますので、利息は実質年率をもとに日割り計算します。すなわち、毎月の返済日には

 

「借入残高×実質年率÷365日×借入から返済までの日数」

 

の利息を支払わなければならないことになります。

 

・毎月の返済額の中には利息が含まれている

 

モビットに対して返済を行ったときには、返済したお金は全額元本に充当されるわけではありません。返済したお金の中に、返済日までの利息も必ず含まれています。
たとえば、モビットで10万円を実質年率18.0%で借りて30日後に返済する場合、利息は

 

10万円×0.18÷365×30=1479.45….(円)

 

になります。約定返済額の4000円を返済したとすれば、1479円が利息、残りの2521円が元本ということになります。つまり、4000円返済しても、元本は2521円しか減っていません。
上記の例でもし繰り上げ返済して5000円返済するならば、利息の額は変わりませんから、元本を3521円減らせることになります。このように、繰り上げ返済すると、元本が早く減っていくことになるのです。

 

・借入残高が減れば利息も減る

 

お金を貸している側のモビットは、できるだけ多くの利息を払ってもらうために、毎月の返済額を少なめに設定しています。約定返済額のみを支払っていたのでは、モビットに支払う手数料=利息ばかりが多くなってしまい、元本=借入残高がなかなか減らないことになります。
繰り上げ返済することで元本が減りますから、借入残高を着実に減らすことができます。借入残高が減れば、毎月の返済日にかかってくる利息も減ることになります。さらに、繰り上げ返済により、返済期間を短縮することもできます。結果として、トータルで支払う利息の額が大幅に減ることになります。

 

・既に債務整理している場合にはどうなるの?

 

モビットで借りたお金を繰り上げ返済すれば、利息を減らせるというメリットがあります。しかし、既にモビットの借金を任意整理している場合には話は違ってきます。
任意整理の際には、借金の利息をカットして元本のみを分割返済する和解を行っています。任意整理後の借金にはそもそも利息がありませんから、繰り上げ返済により利息を減らすことはできません。もちろん、繰り上げ返済することにより借金の負担から逃れられますが、トータルの支払い額が変わることはありません。

特別な手続きは必要なのか

モビットの返済方法には、提携ATM利用、口座振替、銀行振込の3つがあります。どの返済方法を利用しているかによって、繰り上げ返済の仕方は変わってきます。

 

・提携ATM利用の場合

 

モビットのカードを使って提携ATMから返済を行っている場合には、繰り上げ返済する際に特別な手続きは必要ありません。返済日に約定返済額以上を入金しただけで繰り上げ返済の扱いになります。その後の利息はコンピュータが自動計算してくれますので、返済しすぎることもありません。

 

・口座振替の場合

 

モビットでは、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座からの自動引き落とし(口座振替)による返済も可能になっています。口座振替を利用している場合には、最低返済額しか引き落とされませんから、そのままでは繰り上げ返済できません。繰り上げ返済したい場合には、提携ATMを利用して別途入金することになります。

 

・銀行振込の場合

 

モビットでは、指定の預金口座への銀行振込による返済もできます。銀行振込の場合にも、約定返済額よりも多くの額を振込することで繰り上げ返済は可能です。
銀行振込の場合、振込手数料は利用者側が負担することになっています。繰り上げ返済により利息を減らしたいのなら、できるだけ余計な手数料を払わなくてすむよう注意しておきましょう。

モビットは返済日が決まっているの?

 

 

モビットでは申し込み時に5日、15日、25日、末日の中から自分の都合で返済日を選ぶことができますから、このうちどれか1つを返済日として選んでいるはずです。
あらかじめ定められた返済日までに約定返済額を入金しなかった場合、翌日以降は通常の利息よりも多い遅延損害金(20.00%)がかかってしまうことになります。

 

● 返済時の注意点

 

モビットでは借入当日からでもいつでも繰り上げ返済ができますが、繰り上げ返済する場合にも、毎月の返済日までに約定返済額を必ず支払わなければならない点に注意しておく必要があります。

 

・提携ATM利用または銀行振込の場合

 

提携ATMを利用して返済を行っている場合には、返済日までに約定返済額を必ず入金しておかなければ、遅延損害金が発生してしまいます。モビットでは、前回の返済日の翌日以降次の返済日までの期間いつでも返済できますから、この間に約定金額以上の金額を入金すれば良いことになります。
銀行振込の場合も同様ですが、振込の場合には締め切り時間がありますので注意しましょう。遅くとも返済日の14時までに振込手続を完了させておかなければ、翌営業日に処理されてしまい、延滞扱いになってしまうことがあります。

 

・口座振替の場合

 

口座振替の場合には、毎月の返済日に約定返済額が引き落としされます。残高不足にならない限り、毎月の支払いは必ず行われますから、遅延損害金の心配をする必要はありません。繰り上げ返済は、タイミングを気にすることなく、いつでもすることができます。

 

・一括返済する場合

 

繰り上げ返済により、残っている借金を一括返済することもできます。一括返済する場合には、返済日までの利息と残元金の額をモビットに確認する必要があります。
モビットのコールセンターに電話をし、一括返済したい旨と支払い予定日を伝えると、支払い金額を教えてもらえます。必ず事前に確認してから、一括返済するようにしましょう。