モビット金利

モビットの金利を勉強してみよう!

モビットの金利を少しでも低くしたい!これはモビット利用者の共通の願いですよね。

 

モビットの金利を低くするためには、金利の仕組みを理解しなくてはいけません。金利の仕組みが理解できると、自然と金利を低くする方法が見えてきますよ。ここではモビットの金利と、モビットの金利を下げる方法について紹介しています。

 

金利の仕組みを理解して、お得にモビットを利用しましょう!

 

モビットの金利は実質年率3.0%〜18.0%。借り入れ限度額が高いほど、金利が下がるシステムです。

 

借入金額によって金利が決まるのではなく、借り入れ限度額によって金利が決定します。借入金額と借入限度額は混同しやすいので、注意したいポイントですね。

 

モビットは総量規制の対象となるカードローンです。そのため、どれだけ信用が高くても、年収の3分の1以上の金額を借り入れすることはできません。

 

モビットの最低金利3.0%が適用されるのは、モビットの最高借入限度額800万円の枠をもらえたときだけ。800万円の借入限度枠をもらうためには、最低でも年収2400万円が必要です。

 

借入限度額が100万円以下なら、ほとんどの場合で金利18.0%が適用されます。借入限度額が100万円以上なら金利が15.0%以上により高くなることはありません。

 

借入限度額100万以上の金利決定方法は、借入や返済状況、年収やモビットに対する信用によって異なります。返済と借入を繰り返していれば、モビットに対する信用が積み重なっていきます。

 

 

●モビットと他社の金利比較 

 

モビットを賢く利用するためには、モビットの金利やシステムを理解しておく必要があります。まず、他社と金利・借入上限金額を比較してみましょう。

 

【他社とモビットの金利比較一覧表】

 

金利 / 会社名 モビット アコム プロミス レイク アイフル
最大金利 18.0% 18.0% 17.80% 18.0% 18.0%
最低金利 3.0% 4.70% 4.50% 4.50% 4.50%
借入上限金額 800万円 500万円 500万円 500万円 500万円

 

モビットと同じ大手消費者金融の金利と借入上限金額です。こうして比較すると、モビットの最低金利がもっとも低いことがわかりますね。ただし、最大金利は他社と変わらず、もっとも低い最大金利はプロミスの17.8%。

 

モビットの特徴は、最低金利が低く、借入上限金額が高いということです。

 

【銀行系カードローンとモビットの金利比較】

 

会社名 金利 借入限度額
モビット 3.0%〜18.0% 800万円
三井住友銀行カードローン 4%〜14.5% 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 4.6%〜14.6% 500万円
みずほ銀行カードローン 4%〜14% 1000万円
楽天銀行スーパーローン 4.9%〜14.5% 500万円
住信SBIネット銀行Mr.カードローン 8.49%〜14.29% 300万円

 

銀行系カードローンと比較しても、モビットの最低金利がもっとも低いことがわかります。
ですが、銀行系カードローンの最大金利は14%台です。普段使いのカードローンとしては、銀行系カードローンに軍配が上がりそうですね。

 

 

●モビットの金利を下げる4つの方法

 

カードローンを使用する上で、低い金利設定は利用者共通の願いです。モビットの金利を下げる方法はあるのでしょうか?

 

・【条件1】信用力と返済能力で金利を下げる

 

金利を下げるために、もっとも有効な方法のひとつ。継続して借入と返済を繰り返すと、モビットに返済をきちんとする人だと認識されます。これをは「済実績を作る」ことを意味します。社会的な信用とは異なる、モビットに対する信用が付いてくるのです。

 

モビットのカスタマーセンターに連絡して、金利を下げたい旨を伝えると対応してくれます。すぐに金利を下げてくれる場合もありますし、収入証明書の提出が必要な場合も…。金利が下がらないケースもあるので、過度な期待は禁物です。

 

 

・【条件2】最大金利18.0%の利用者は金利が下がりやすい

 

モビットの最大金利18.0%の利用者は、比較的金利が下がりやすいと言われています。もちろん、継続利用して、ある程度の返済実績が必要です。モビットを最大金利で利用されている方は、一度カスタマーセンターに問い合わせてみるといいですね。

 

 

・【条件3】総量規制内の借入をしている場合

 

総量規制とは、年収の3分の1までしか借入できない制度。総量規制内であれば、他社から借入することができます。モビットからすれば、総量規制限界まで借入してもらいたいのです。
他社から借入されるよりも、自社で借入してもらって利益を生み出したいと考えます。総量規制内の借入をしているなら、モビットに問い合わせてみるといいですね。

 

・【条件4】法改正前から利用している方

 

平成22年6月に貸金業の法改正が行われました。平成22年以前から利用していると、金利が下がる可能性あります。改正前の金利は、現在よりも高い金利が適用されていました。カスタマーセンターに問い合わせると、現在の法律に則った適正金利が適用されます。

 

・モビットで金利を下げるノウハウ

 

モビットで金利を下げるためには、交渉と返済実績が必要不可欠です。返済実績は、最低でも1年以上あると望ましいですね。返済実績が少ないと、総量規制の制限内であったとしても、総量規制ギリギリまで借入できない可能性があります。

 

モビットの金利を下げるために、まずは返済実績を作ることが大切なのです。

 

 

●最低金利と最高金利とは?

 

モビットに限らず、全てのカードローン会社に最低金利と最高金利が設定されています。最低金利とは、もっとも安い金利を指し、最高金利とはもっとも高い金利を示しています。

 

モビットは最低金利3.0%と最高金利18.0%に設定されています。では、モビットの金利は安いのでしょうか?この数字だけではわかりようがありませんよね。3.0%なら金利が安いですし、18.0%なら他社と変わりません。

 

最低金利3.0%が適用されるのは、モビットの最大借入限度額である800万円の融資枠をもらえたときだけ。対して最高金利18.0%は、借入限度額100万円以下なら、ほとんどの場合で適用されます。

 

つまり、新規利用者のほとんどは、最高金利18.0%が適用されるということです。新規利用者が低い金利でモビットから借入するためには、500万円以上の年収と他社での返済実績が重要なのです。

 

 

・借入限度額が低い理由
モビットの借入限度額を上げるためには、年収と返済実績が大切です。下記のようなことがあると、借入限度額が下がり、高い金利で利用することになります。

 

・他社で金融事故(延滞や未払いなど)を起こしている
・自己破産歴がある
・年収が300万円以下
・他社からの借入が50万円以上

 

借入限度額を上げるために、他社からの借入金額を減らすことも有効ですよ。

 

●支払い総額を知ることが大切

 

借入をするとき、金利を重点的に考えていませんか?実は、借入をするときに重要なのは、金利よりも支払い総額なのです。

 

・A 借入金額100万円 金利15% 返済期間3年
・B 借入金額100万円 金利18% 返済期間1年

 

例えば、上記のような借入をしたとします。
A・B共に借入金額は同じです。

 

Aの金利は15%なので、年間15万円の金利が発生。
Bの金利は18%なので、年間18万円の金利を発生。

 

Aのほうが金利は低いため、お得に感じてしまうかもしれません。ですが、支払い総額で見ると、Bのほうがお得に借入しているのです。

 

Aは金利が低いのですが、返済期間に3年掛かっています。支払った金利は45万円。Bは金利が高いのですが、1年間で返済しています。支払った金利は18万円。

 

AとBを一見すると、Aのほうがお得に借入しているのは間違いありません。ですが、返済期間が長くなればなるほど、支払う金利は大きくなっていきます。借入するときは、金利だけではなく、返済期間も確認しておくといいですね。

 

 

●金利を確認しなかったらこんな目に合ってしまう…

 

金利を確認していなかったために、想定外の支払いに迫られてしまいます。金利が1%変われば、支払い金額も変わります。

 

金利を確認してから借入すれば、不要な借入をしなくても済んだかもしれません。金利を確認せずに借入する危険性をチェックしましょう。

 

・想定外の返済金額になる
・返済金額増えるため、返済期間が長くなる
・返済金額が高くなり、返済を延滞してしまう
・返済が延滞すると金融事故扱いになり、他社からも借入しにくい状態になる
・延滞金利が適用され、さらに返済金額が高くなる

 

金利を確認せず借入することは、とても危険な行為なのです。借入する際は、金利をしっかり確認することをおすすめします。