モビット自動契約機

モビットの自動契約機を検索する方法とは

モビットは他社と比較して、自動契約機の設置台数が少ないため、パソコンやスマホからの申込が多い消費者金融です。ここでは、モビットの自動契約機を利用するメリット・デメリット、提供サービスについて紹介しています。ここのページでは、モビットの自動契約機で申込を検討している方に、おすすめ情報を紹介しています。

 

モビットの自動契約機は、全国に420台(2015年12月調べ)設置されています。設置されている場所は、駐車場の中や郊外が多いようです。最寄りの自動契約機の探し方は、モビットの公式サイトを利用するのがおすすめですよ。
モビットの公式サイト(http://www.mobit.ne.jp/)から、「モビットカードとは」→「営業時間」→ページ中央よりやや下にある「ローン申込機設置場所検索」→施設やランドマークから検索する方法と、都道府県を選択し、地図から探す方法があります。お好みの方法でモビットの自動契約機を検索できます。

 

●受付時間は店舗の設置場所によって異なります

 

自動契約機の営業時間は、設置場所によって異なりますが、8時〜21時が基本の営業時間のようです。自動契約機を利用する前に、利用店舗を検索して、営業時間の確認をしておくといいですね。営業時間の終了間際に申込をすると、審査回答が翌日になる可能性が高くなります。審査回答を即日でもらいたい方は、時間に余裕を持って申込をしましょう。

 

・自動契約機の申し込みに必要な書類

 

自動契約機で申し込む際に必要な書類は、以下の2点です。

 

1.本人確認書類(運転免許証・住基カード・健康保険証・パスポートなど)
2.収入確認書類(基本的に源泉徴収票、なければ直近2ヶ月の給与明細)

 

上記2点を持参して、自動契約機を利用しましょう。書類が足りない、または不備があると申込ができない場合があります。源泉徴収票はモビットへ申込する年度の書類をお持ち下さい。

 

・自動契約機の申込の流れ

 

モビット自動契約機で申込をしても、カードが発行された直後にキャッシングできるということではありません。モビットでは仮審査を通過した時点でカードを発行して、本審査が終わり次第キャッシングが利用できるようになります。メリットとしては、審査の合否に関わらず、自動契約機内の待ち時間がほとんどない点にあります。では、自動契約機の申込から借入までの流れを確認しましょう。

 

1.必要書類を用意して最寄りの自動契約機を検索する
2.最寄りの自動契約機に向かう
3.ガイダンスに従いタッチパネルで必要事項を入力
4.仮審査の合否を通知
5.仮審査を通過していればモビットカードを発行
6.自動契約機を出て、本審査合否の連絡待ち
7.本審査の合否が電話連絡で入り、審査を通過していれば発行されたモビットカードでキャッシング可能
8.後日、モビット側が入会申込書を送付
9.入会申込書が届き次第、必要事項を記入して返送

 

8〜9の入会申込書は、後日自宅に届きます。必要事項を記入したうえで返送しましょう。

モビット自動契約機の提供サービス

モビットの自動契約機で提供されているサービスは、「申込」「書類の提出」「カード発行」。他社の消費者金融とは異なり、借入や返済を行うことはできません。返済と借入はコンビニATMや各種提携ATMから行います。パソコンやスマホから事前に申込をして、自動契約機でモビットカードを受け取ることもできます。

 

・モビットの提携ATM

 

モビットは自社ATMを設けていませんが、提携ATMは全国にたくさんあります。E-netマークがあるATMなら、ほとんどのコンビニATMで利用可能です。セブンイレブンのセブン銀行なら確実に利用することができますよ。

 

●自動契約機を利用するメリット、デメリット

 

モビットの自動契約機を利用するまえに、モビットの自動契約機を利用するメリット・デメリットをチェックしてみましょう。

 

・モビットの自動契約機を利用するメリット

 

1.審査時間が他社と比較して短い
2.自動契約機内の待ち時間がほとんどない
3.パソコン操作が苦手な人もスムーズに申し込める
4.モビットカードだけ事前に発行できる

 

モビットの自動契約機を利用する最大のメリットは、審査時間が短いことです。自動契約機内の待ち時間もほとんどないため、他社のように契約コーナーで何分も待たされることはありません。
モビットはパソコンやスマートフォンから申し込むことができますが、パソコン操作が苦手な人にとっては申込自体が難しいかもしれません。自動契約機から申し込めば、パソコン操作が苦手な人でも、オペレーターとガイダンスに従って申込を進めていくため、スムーズに利用できます。
自動契約機を利用すると、契約前にモビットカードが発行されます。借入予定前にモビットカードを発行しておけば、余裕を持ってキャッシングができますね。

 

・モビットの自動契約機を利用するデメリット

 

1.自動契約機で借入・返済ができない
2.モビットカードが手元に残る
3.自動契約機の台数が少ない

 

他社の自動契約機では、借入や返済も行えるため、「モビットの自動契約機でも借入・返済ができるだろう」と考えている方もいるでしょう。モビットの自動契約機の正式名称は「ローン申込機」。ローンの申込に特化した機械なので、借入・返済はできません。モビットの自動契約機で行えるのは、「申込」「必要書類の提出」「モビットカードの発行」のみです。借入する際は、モビットカードを使用して提携ATMから借入する方法と、指定口座に振り込んでもらう方法があります。
手元にカードを残して置きたくない人にとって、モビットカードが手元に残るのは不都合かもしれません。どうしても手元にカードを置きたくないのであれば、WEB完結申込がおすすめです。
モビットの自動契約機の設置台数は、他社と比較しても少なめです。そのため、自動契約機から申込をしたくても、近くに自動契約機がないという方もいるでしょう。近くに自動契約機がないときは、電話かパソコン、スマホから申込むことをおすすめします。

 

●自動契約機が近くにない人はどうやって契約をするの?

 

モビットはパソコン・スマホから申し込める消費者金融です。最寄りに自動契約機がない場合は、「WEB完結申込」か「カード申込」で申込可能です。

 

・WEB完結申込

 

公式サイトから「WEB完結申込」をクリックして、必要事項を入力。在籍確認を取らない申込方法のため、「在籍確認書類」「収入確認書類」「本人確認書類」の三点が必要です。三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の口座を持っていないと、WEB完結申込を利用することはできません。事前に書類の準備を行ってから申し込むことをおすすめします。

 

・カード申込

 

公式サイトから「カード申込」クリックして、必要事項を入力。「カード申込」は会社への在籍確認を行う申込方法です。必要書類は本人確認書類(運転免許証・住基カード・健康保険証・パスポートなど)と収入確認書類(源泉徴収票・直近の給与明細)。収入確認書類は必ずしも必要ではありません。しかし、収入確認書類を用意していなかったために、申込できない可能性もあります。事前に本人確認書類と収入確認書類を用意しておくと、スムーズな申込が可能となります。

 

モビットのもっとも利便性に優れている申込方法は、WEB完結申込だと評価されています。会社へ在籍確認を取らないことが、その最たる理由です。一方、自動契約機での申込はどうでしょうか?これまで紹介してきましたが、決してWEB完結に劣る申込方法ではありません。自動契約機には自動契約機で申込むメリットがあります。モビットの自動契約機を利用した申込は、急いで借入したい方や、必要書類を多く集められない方向けの申込方法なのです。