モビット自営業

自営業はお金が借りにくい?

自営業者は、クレジットカードもキャッシングも出来ないと思っていませんか。確かに、どちらも審査が厳しく、会社員の方に比べると通りにくいのは事実です。

 

しかし、モビットなら自営業者でも借入は可能です。ただ、審査を通過するには少しポイントがあります。なぜ、自営業者はお金が借りにくいのかを知り、事前に懸念材料を排除する準備をすれば良いのです。しっかり読んで、スムーズに借入できる準備をしましょう。

 

 

「自営業の人はお金が借りにくい」と聞いたことがある方も多いでしょう。カードローン会社によって、借入条件は異なります。モビットでは、どうなのか見てみましょう。

 

・モビットの借入条件
モビットHPのお申込みいただける方を見ると、「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入がある方。アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。」とあります。

 

つまり、自営業者でも借入可能となっています。では、なぜ自営業者は借入しにくいと噂になったのでしょうか。これは、自営業は「安定した定期収入」があるのか確認しづらく、確認が取れなければ融資が受けられないからです。

 

・会社員と自営業の違い
モビットは消費者金融です。消費者金融はお金を貸すのが仕事ですが、利息と共に返してもらわなければいけません。その為、安定した収入が絶対条件となります。

 

会社員は、会社員である限り定期的に給料がもらえる保証があります。しかし、自営業にはそれがありません。しかも、個人事業主は税務署に開業届を出せば、誰でも簡単になることが出来ます。

 

自営業は、しっかり稼いでいる人からまったく収入のない人までいるので、いまいち「安定した定期収入」があるのか確認しにくいのです。

 

・自営業でも安定した定期収入が証明できれば借入可能
では、どうすれば借入することが出来るのでしょうか。それは、「安定した定期収入」があることを証明すれば良いのです。

 

申込みの際、自営業の方は、会社員の方より必要書類が多くなります。しかし、書類を提出することでカード申込みがスムーズに終わります。事前にしっかり書類を準備して、借入に備えましょう。

 

・審査に落ちやすい人の特徴
モビットでは、審査の基準を明確にしていません。しかし、審査に落ちやすい人は以下のような特徴があります。
1. 安定した定期収入がない
2. 収入の確認が取れない
3. 他社での借入が多い

 

これらは、自営業でなくても言える事です。たとえ会社員であっても在籍の確認が取れなかったり、他社での借入が多ければ審査落ちする可能性はあります。

 

逆に言えば、しっかり審査さえ通れば、年収に関係ない金額の融資が受けられる可能性があります。

 

・準備する書類が違う
先ほども言った通り、自営業の方は会社員の方より必要書類が多くなります。会社員の方は、少額であれば本人確認書類のみで借入が出来ますが、自営業の方は必ず収入証明書が必要になります。

 

・本人確認書類
本人確認書類は、
1. 運転免許証
2. 健康保険
3. パスポート
のいずれかになりますが、運転免許証がある方は運転免許証を提出しましょう。

 

・収入を証明できる書類
収入を証明できる書類は以下の書類になります。
1. 所得証明書の写し
2. 確定申告書の写し
確定申告で提出した書類ならば、手元に残っていますよね。その場合、青色申告決算書の写しまたは、収支内訳書の書類も一緒に提出しましょう。

 

・モビットHPからダウンロードして用意する書類
自営業の場合はもう一つ、モビットHPからダウンロードして用意する書類があります。

 

「モビットTOPページ」から「申し込みについて」というページに行き、さらに「申込時に必要な書類」というページに「営業状況確認のお願い」という書類があります。確定申告書の次年度の営業状況を確認する大切な書類です。とても簡単な書類ですが、とても重要となるので、しっかり書きましょう。

 

審査をスムーズに進めるために事前に準備をしておくべき事

申込みをする前に、書類は事前に用意しておきましょう。用意するのは、
1. 本人確認書類
2. 収入を証明できる書類
3. 営業状況確認のお願い
の3種類です。

 

・電話確認に備える
さらに、自営業の方は、書類提出後に電話で色々と確認されることがあります。色々聞かれるのはあまり気分の良いものではないかもしれませんが、収入証明がしづらい自営業者の特徴だと思って、きちんと答えましょう。

 

「営業状況確認のお願い」は必要最低限の記入欄しかありません。電話では、もう少し詳しく聞かれる可能性があるので、念のため、詳しい数字を答えられるようにしておきましょう。

 

具体的には、収支計画は、当年分しか書く欄がないので、前年分と来期の予想を用意し、資金繰りに関しては、入金と出金、借入と返済の額を詳しく揃えておきましょう。

 

・追加書類に備える
また、先に紹介した必要書類意外にも書類が必要となる場合があります。営業許可証、受注書、発注書、納品書、請求書、領収書関係などです。これらは必ず必要ではありませんが、審査によって提出を求められます。いつでも提出できるよう書類は整理しておきましょう。

 

・自営業者がお金を借りるには、書類の内容が命
自営業者がお金を借りるには、きちんと書類で安定した定期収入を証明することが大切です。よって、まずきちんと書類を揃えること、そして記入する書類はきちんと書くことです。

 

それだけきちんと出来れば、借入もスムーズに進みますし、年収の3分の1という縛りもないので、多くの借入も可能です。

 

しかし、職種によっては収入が不安定な方もいるかと思うので、借りすぎには注意が必要です。それさえ守れば、モビットカードを手元に置いておくのは、一つの安心にもなります。焦らず、しっかり事前準備を行ってからキャッシングをして下さい。