モビット振込返済

モビットの返済方法について

キャッシングが初めての人なら、お金を借りた後、返済をどうしたらいいのかがよくわからず、不安なことが多いと思います。モビットでは、振込返済以外の返済方法も選べるので、キャッシングが初めての人でも利用しやすくなっています。
モビットでは、返済日の変更にも対応してもらえるので、返済に困ったときには早めにコールセンターに相談しましょう。何かと不安なキャッシングも、相談しながら計画的な利用をすれば安心です。

 

・キャッシングでは振込返済以外の返済もできる

 

消費者金融のローンやキャッシングでは、借入方法に関係なく、返済方法は自由に選ぶことができます。たとえば、借入方法が振込だった場合でも、必ず振込返済しなければならないわけではありません。カードが発行されていれば、カードを使ってATMから返済することもできます。また、コンビニエンスストアでの返済ができるサービスを行っている業者もあります。
各社で何通りかの返済方法が用意されていますので、申込する前に確認しておきましょう。

 

・モビットでは3通りの返済方法の中から選べる

 

モビットでキャッシングした場合にも、振込返済以外の返済方法があります。モビットでは、提携ATMからの入金、銀行振込、口座振替の3種類の返済方法からお好きな方法を選べます。

 

1.提携ATM利用の場合

 

モビットの提携ATMは、全国の銀行やコンビニエンスストアにあります。返済するときには、モビットのカードを使って、提携ATMから簡単に入金ができますから大変便利です。
提携ATMは、24時間営業のコンビニに設置されている場合もあります。コンビニ返済が利用できれば、忙しくてなかなか銀行に行けない人にとっても、返済に困ることがありません。
なお、モビットでは、提携ATMで返済する際には、利用手数料がかかります。提携ATMの利用手数料は一部利用者側が負担することになっており、取引金額が1万円以下の場合には1回108円、1万円を超える場合には1回216円になります。出金時の手数料については、次回入金時に清算される形になります。

 

2.銀行振込の場合

 

モビット指定の銀行口座に振込返済する方法になります。全国どこの金融機関からでも振込できますので、普段利用している銀行から返済できるという点で便利な返済方法になります。
ただし、モビットでは、振込返済の場合、振込手数料は利用者側が全額負担することになります。毎回振込返済をしていたのでは手数料がかさんでしまいますから、他の返済方法の利用も検討しましょう。

 

3.口座振替

 

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に預金口座を持っていれば、口座振替(自動引き落とし)による返済ができます。申込時に口座振替の手続をしておけば、毎月の返済日に自動的に返済額が引き落としされますから、返済のために入金に行く手間がかかりません。
なお、口座振替を選んだ場合、もし口座が残高不足で引き落としできなければ、延滞扱いになってしまいますから注意が必要です。

モビットは申込した後いつから返済できるのか?

・モビットの返済日は4つの中から選べる

 

モビットでは、毎月の返済日を5日、15日、25日、末日の中から選ぶことができます。一度決めた返済日(約定返済日)は、申し出しない限り変更されることはありません。

 

・返済日前でも繰り上げ返済できる

 

モビットでキャッシングした場合には、返済日まで待たなくても、それ以前ならいつでも繰り上げ返済できます。繰り上げ返済すれば、支払う利息が少なくなります。モビットでは借入当日からの繰り上げ返済も受け付けていますから、お金に余裕があれば、早め早めに返済するのがおすすめです。
なお、口座振替の際には、返済日に自動的に引き落としされますから、繰り上げ返済するためには別途ATM等を使って入金する必要があります。

 

● 利息や残高の確認方法

 

・キャッシングの返済では利息を支払う必要がある

 

貸金業者から借りたお金を返済するときには、元本だけでなく利息も返済しなければなりません。利息は貸金業者に支払う手数料になります。
消費者金融では、利息は実質年率という形で定められており、返済時に支払う利息の額は、実質年率をもとに、借入日数に応じて日割り計算されています。

 

・返済時にモビットに支払う利息はいくら?

 

モビットでキャッシングした場合には、借入残高に応じて毎月決まった額を支払う形で返済を行っていくことになります。借入残高や借入日数が変われば、支払う利息も変わってきます。毎月の返済額は同じでも、支払っている利息や元本の額はその都度変わってくるということです。
返済時にモビットに支払った利息の額や現在の借金の残高については、以下の方法で確認できます。

 

1.利用明細で確認

 

モビットでは、返済を行ったときに、領収書または利用明細が発行されます。領収書や利用明細は、一部の提携ATMではその場で発行されますが、それ以外の返済方法では自宅に郵送されてきます。領収書や利用明細を見れば、返済した金額のうちいくらが元本に充当されたか、支払った利息はいくらか、残高はいくらかがわかります。

 

2.会員専用サービス「Myモビ」で確認

 

モビットでは、インターネットを利用して審査結果や利用状況の照会等ができる「Myモビ」という会員専用サービスを用意しています。「Myモビ」では、ウェブ上で契約内容、取引履歴などを閲覧できますから、利息や残高についても確認できます。「Myモビ」で利用明細を閲覧するように設定しておけば、領収書や利用明細が自宅に郵送されてくることもありません。
パソコン、スマートフォン、ケータイからインターネットを利用してWEB完結申込を行った場合には、「Myモビ」にも自動的に登録されています。申込時に発行されるIDとパスワードを使って、「Myモビ」にログインすれば、すぐにサービスが利用できます。
一方、申込方法が、電話、郵便、ローン申込機だった人は、「Myモビ」の利用登録が別途必要になります。初回はホームページにアクセスし、必要事項を入力すれば利用登録ができます。

モビットの返済日の変更や分割返済について

・毎月の返済日を別の日に変えたいなら

 

モビットでは、一度決めた約定返済日を変更することもできます。返済日を変更したいときには、モビットのコールセンターに電話して、「返済日を変更したい」旨伝えましょう。

 

・モビットで返済日の延長はできる?

 

次の返済日までにお金が用意できないので返済日を延長してもらいたいという場合には、まず、コールセンターに電話して相談してみましょう。返済日を延長してもらえる可能性があります。
なお、たとえ連絡を入れたとしても、返済日を延長する場合には原則として遅延損害金を請求されることになりますから、注意しておきましょう。

 

●分割で返済を行うことはできるのか

 

・キャッシングは分割返済が原則

 

キャッシングやカードローンで借入した場合には、返済は原則的に分割払いになります。分割払いの場合には、返済日の都度、借入日数に応じた利息を支払わなければなりません。
キャッシングやカードローンでは、毎月固定された額を支払う形で返済を行っていくパターンが多くなっています。モビットで借入した場合には、借入後残高スライド元利定額返済方式と言って、毎月の返済額が借入残高によって変わるしくみになっています。たとえば、借入残高が10万円以下の場合には4000円、10万円超20万円以下の場合には8000円が返済額になります。

 

・モビットでは一括返済も可能

 

モビットから借りたお金を一括返済することも可能です。一括返済する場合には、最初の返済日までに元本と返済日までの利息を支払うことになります。
一括返済の場合にも、借入日数に応じた利息がかかります。事前にモビットのコールセンターに電話して返済予定日を伝え、利息を含めた返済額を確認してから返済を行うようにしましょう。