モビット必要書類

モビットの審査に必要な書類とは?

モビットから融資を受ける際に、必ず必要となるものが、あなたの状況を示す個人情報が記載された書類です。必要となる書類をすぐに準備できればいいのですが、会社へ書類の発行請求をしたり、市役所に書類発行申請をしなくてはならないものもあります。

 

書類を得るために時間がかかってしまう書類もあるのです。

 

そこで、モビットへ融資の申込みをする前に、準備しておきたい必要書類について解説していきます。

 

モビットからの審査では大きく2種類の書類が求められます。

 

@本人確認書類
A収入証明書類

 

それぞれどんな書類なのでしょうか?

 

@本人確認書類
本人確認書類は、あなたがどんな人なのかを示す公的な書類です。モビットでは、本人確認書類として以下のものを認めています。

 

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

 

どれも有効期限内となっている書類を準備しておきましょう。特に、パスポートは生活に必ず必要とされているわけではないので、有効期限に気がつきにくくなっています。注意しておきたいですね。

 

A収入証明書類
収入証明書類とは、あなたの年間における給与の受取額を、モビットへ証明するための書類です。モビットでは、下記のうち1つを提出すれば問題ありません。

 

・源泉徴収票の写し
・税額通知書の写し
・所得証明書の写し
・確定申告書の写し
・給与明細書の写し

 

●収入証明書として利用できるもの
それでは、少しわかりにくい収入証明書について、もう少し解説を続けましょう。

 

会社に勤めている方と、自営業を営まれている方で、対象となる収入証明書が大きく変わってきます。

 

○会社に勤めている方に関係する書類
・給与明細書の写し
・源泉徴収票の写し
・所得証明書の写し
・税額通知書の写し

 

会社に勤めている方であれば、定期的に受け取っている書類があります。

 

まず、毎月会社から発行されているものが、給与明細書ですよね。あなたが、前月どれだけ働いて、いくら給与として支払われたのかが記載されている書類です。

 

そして、源泉徴収票は、毎年の年末に実施される年末調整の後に発行されます。あなたが年間どれだけ給与を得ていて、いくら健康保険や厚生年金などに支払っているのかという情報が、すべて記載されています。

 

一方、馴染みの薄いものが所得証明書でしょう。これは、あなたが住んでいる市区町村が把握している、あなたの年間収入額を示す書類です。市区町村の窓口に行って申請をすれば、1通300円程度で入手することができる書類となっています。

 

○自営業を営まれている方に関係する書類
・税額通知書の写し
・確定申告書の写し
・所得証明書の写し

 

税額通知書は、会社員の方にも届いているかと思いますが、あなたが住んでいる市区町村に支払う税(市民税など)が決定した段階で、あなたの家に届く書類です。毎年6月頃に届いていることでしょう。

 

そして確定申告書は、事業としてどれだけ売上が上がり、経費としていくらかかったのか、そしてどのくらいの利益が出たのかなどがわかる書類ですね。自営業の方にはお馴染みの書類です。

スマホやPCで書類を画像送信する際の注意点とは?

モビットへの申込みのために必要な書類は、パソコンやスマートフォン、携帯経由で送信することができます。その際には、どのようなポイントに注意しておかなくてはいけないのでしょうか?ここでは以下の2点をチェックしておきましょう。

 

@必要な書類の文字がはっきりと見えるように撮影する
A必要な書類の送信ミスはしない

 

それでは、これから1つずつご説明をしていきます。

 

@必要な書類の文字がはっきりと見えるように撮影する
必要な書類を撮影する上で、気をつけておきたいことは、文字をはっきりと見えるようにすることです。カード発行の審査を行う人たちは、あなたが送信した画像を見て、審査に必要な情報をチェックします。

 

それが、書類を撮影する際に画像がボケていたり、暗かったり、または明るすぎても、書類の文字が見えなくなってしまうことがあります。そのような状態で画像を送信してしまうと、モビット側から再度連絡が来て、必要な書類を改めて送信し直す必要が出てきます。

 

そのようなやり取りが発生するおかげで、即日融資ができるはずだったモビットの利用が、当日中に利用することができず、翌日以降にずれ込んでしまう可能性もあります。

 

そのため、画像を送信する前に、あなたが画像を見て文字を読み取ることができるかどうか、しっかりと書類のすべてを撮影できているかどうか、確認をしておきましょう。

 

A必要な書類の送信ミスはしない
モビットに提出する書類は、あなたの個人情報が詰まった書類ばかりです。これが他の人の手に渡ってしまうと、変なことに悪用されてしまう場合もあります。

 

本人確認書類さえあれば、クレジットカードの発行や、他の消費者金融において融資の申込みができてしまうケースもあります。

 

必要な書類を提出する際には、モビットが提供しているインターネットサイトか、スマートフォンであればアプリケーションを利用するようにしましょう。

 

●運転免許証、健康保険証、パスポート以外は本人確認書類として認められないの?
市役所や他の場所で本人確認を行う場合、様々な確認方法が取られています。クレジットカードの提示や、公共料金の明細の提示、中にはあなたの家に届いた郵便物を提示する場合もあります。

 

それでは、モビットにおける本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポート以外でも認められるのでしょうか?

 

正解は×です。

 

運転免許証と健康保険証、パスポート以外は、本人確認書類として認められていません。上記のどれかは必ず保有しているはずですので、3つのうちどれか1つを必ず準備して申込みを行いましょう。

 

●まとめ
ここまで、モビットで融資を受けるために必要となる書類についてまとめてみました。必要な書類は、本人確認書類と収入証明書類でした。

 

本人確認書類は、日々の生活の中で使っているものですが、収入証明書類は普通の生活の中では使わずに、捨ててしまっている人も多いでしょう。手元に無い場合には、会社に書類発行の依頼をしたり、書類を市区町村に発行してもらう必要がありますので、時間に余裕を持って、モビットに申込みを行うために必要な書類を準備しておきましょう。