モビット引き出し単位

モビットの引き出し単位は千円から

来週の飲み会で5千円足りない!欲しいバックは2万2千円…など意外と必要なお金って1万円単位ではなく、千円単位だったりしますよね。しかし、いざキャッシングをしようとしたら1万円単位でしか引き出せないということがあります。

 

この不便な状況にいち早く対応したのがモビットです。モビットでは千円単位の借入、引き出しが可能です。実はこれを活用すれば今までの無駄が省けるかもしれません。

 

 

モビットは店舗を持たない消費者金融ですが、その分利用者の目線で考えられたサービスを多く提供しています。その1つが千円単位で借入できるサービスです。

 

・モビットの利点

 

多くの消費者金融は最低借入れ金額が1万円以上、1万円単位での借入れしか出来ませんでした。しかし、利用者にとって、借りる必要もない金額を借りるということは損でしかありません。何故なら借りたお金には利息が付くからです。利息は金額が高ければ高いほど、借入期間が長ければ長いほど高くなります。

 

必要以上にお金を借りるということは、無駄な利息を払わなくてはいけません。利用者にとって良いのは、必要な金額を必要な時に借りる事です。それをいち早く導入したのがモビットです。

 

モビットは、消費者金融が法律の抜け穴を使って違法な実質年利率を適用している時も、きちんと法律を守って適正な実質年利率を適用したりと、いつでも誠実に、利用者のことを考えたサービスを提供する安心な消費者金融と言えます。

 

無駄なくキャッシングできるのがモビットのメリット
最近では、消費者金融もイメージが変わってきたり、インターネットサービスの発達でキャッシングもより身近なものになったような気がします。しかし、借入したお金は返さなければいけません。返済の時に困らないように賢いキャッシングの仕方、損をするキャッシングの仕方をご紹介します。

 

・賢いキャッシングの仕方
1. 必要な時に必要な金額だけを借りる
2. どのように返済するか考えてから借りる
3. 借りたお金を何に使ったかきちんと把握する
4. 手数料まで考える

 

本当は5千円だけあれば良いのに、1万円単位でしか借入れが出来ないからとりあえず1万円を借りておこうというのは、損でしかありません。先ほども言ったように、借りる金額が高ければ高いほど、借入期間が長ければ長いほど、実質年利率は高くなり、最終的に支払うお金が多くなるからです。

 

モビットは千円単位で借入が可能な消費者金融です。もし、これから借入をする人は、いくら必要か計算の上、千円単位での借入れが必要ならモビットのサービスをフル活用するべきです。そして、どのように返すのか、最終的に支払う金額はどのくらいになるのかまできちんと計算してから融資の申し込みを行いましょう。意外と手数料など細かい金額を見落としてしまうこともあるので、そこまで含めて計算しておくべきです。

 

また、借入出来れば終わりではありません。返済に困る人の多くは、自分のお金の使い方を把握していない人です。借りたお金を何に使ったのかまで把握しておくことで、今後お金に困らない人になれるでしょう。

 

・損をするキャッシングの仕方
1. 余分にお金を借りて、使ってしまう
2. 借りたお金を何に使ったのか把握していない
3. どう借りれば一番得か計算しない
4. 返済は返済の時に考える

 

損をするキャッシングの仕方は、基本的に無計画でお金を借りてしまう人です。消費者金融もそれぞれ特色のある独自のサービスを提供しています。自分はどのような使い方をしたいのかを考えることで、そのサービスをフル活用出来ます。

 

また、無計画な人はとりあえず多く借りておけば安心と、余分にお金を借り、残しておくどころかいつの間にか使ってしまったという人が多いです。それも何も使ったか覚えていないということもあります。損をしないために計画を立てて借入をし、それをどのように使ったのかまできちんと把握しておきましょう。

他社では一万円からしか引き出せない場合もある

モビットでは千円単位でお金を引き出すことが可能ですが、他社ではどうでしょうか。実はまだまだ1万円単位でしか引き出せないところが多いと言えます。従来のシステムだと引き出せるお金は1万円単位でした。

 

システムをすべて変えるのはお金と時間がかかります。そして消費者金融としても出来るだけ多く借入をしてもらいたいという思いがあるので切り替えはなかなか難しいのでしょう。そう考えるとモビットは本当に利用者のことを考えたサービスを提供するために努力を怠らない会社だということが分かります。

 

ATMによっては対応してない場合もある
そんなモビットですが、場合によっては千円単位で引き出せないことがあります。モビットには2つの借入方法があり、それぞれ異なる対応をしているからです。2つの借入方法「振込み」と「提携ATMでの引き出し」を解説します。

 

・振込み
あらかじめ金融口座を登録しておくと、インターネットが繋がるパソコン、スマホ、携帯などからMYページから申込みをするか、電話で振込み依頼をすると支払い可能時間内であれば即座に口座に振り込みがされます。この時、金額は自分の指定で決められるので、千円単位の振込み依頼でも対応されます。

 

・提携ATMでの引き出し
こちらは専用のモビットのカードを使って、現金を引き出す方法です。全国にある銀行やコンビニのATMで使用することが可能です。しかし、残念ながらこちらは提携先のATMによっては千円単位で引き出すことが出来ません。機械の管理は提携先がしているので、そちらの都合が優先されてしまいます。

 

提携ATMを活用するつもりであれば、自分が使うATMはどうなっているのか確認した方がよいでしょう。多くのコンビニでは千円単位で引き出し可能ですが、他のATMを活用する場合はそのATMがどうなっているのか確認しておきましょう。千円単位の引き出しが出来なければ、他のATMか振込みを活用することも考えるのが良いでしょう。

 

モビットは返済も数千円単位からできる
モビットの返済方法は「自動引き落とし」と「提携ATMへの振込み」の2つになります。返済方法と注意点などを詳しく見て行きましょう。

 

・自動引き落とし
自動引き落としは、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に口座を持っている方が対象となります。引き落とし日は、5日、15日、25日、末日のどれかに自分で指定することが可能です。こちらは千円単位で返済が可能です。

 

自動引き落としの良いところは、わざわざ返済のためにATMを探さなくても自動的に返済が完了するところです。忙しくてつい忘れてしまったという場合でも、返済日が過ぎると遅延損害金が発生します。忘れっぽい人や忙しい人は自動引き落としを活用すると良いかもしれません。

 

・提携ATMへの振込み
こちらはモビットのカードを使って、自ら提携ATMへ振込みする方法です。こちらの場合いくら返済できるかは提携先のATMによって異なります。借入同様に千円単位で対応しているATMもあれば、1万円単位でしか対応していないATMもあります。

 

提携ATMで返済するときの良いところは、最低返済額以上であればいくらでも返済できることです。例えば、最低返済額が5千円だった場合、7千円振り込めば、2千円分は繰上げ返済分として元本に充当されます。余裕のある時は少し多めに返せるのが良いですね。

 

しかし、欠点として手数料がかかります。手数料の金額は提携ATMによって異なりますが、1回数百円ほどかかります。何度も利用していると手数料も多くなるので、その金額もしっかり考えて活用をしましょう。

 

まとめ
いかがでしたでしょうか。多くの消費者金融が1万円単位での引き出しにしか対応していないのに対して、モビットはいち早く千円単位での引き出しを実現しています。賢い借り方を実行するには、このようなサービスはフル活用したいですね。借入れは賢く行い、なるべく負担を減らしましょう。