モビット大学生

大学生がモビットを利用するための条件は?

遊びに勉強に大学生は何かとお金が必要です。
しかし、親には借りにくい…そんな時に思いつくのはカードローン。

 

学生を対象としたカードローン会社は多くありますが、本当に安全でしょうか。怪しいところで借りるより、しっかりとした大手のカードローンで借りるのが一番です。

 

モビットなら学生でも親に内緒で借りる事が可能です。しかし、そこにはちょっとした条件や注意点があります。借入を行う前に確認しておきましょう。

 

 

モビットは大学生でもキャッシングすることが出来ますが、条件があります。

 

条件は以下の2つです。
1.20歳以上であること
2.アルバイトなどで毎月収入があること

 

20歳以上で、月に3万円でも5万円でも収入があれば借入することが出来ます。
ただし、収入が少なければその分借入限度額は少なくなります。

 

●お金を借りていることがバレないようにするためには
カードローンを利用する際、一番心配なのが、親にバレないか?ではないでしょうか。
その点は安心して下さい。借入に親の承諾などは必要ないので、バレることはありません。

 

ただし、2点程気を付ける事があります。電話と郵送物です。

 

申込みの際に電話番号の記載があります。確認や督促の電話はこの番号にかかってくるので、必ず自分の携帯番号を書きましょう。

 

そして、一人暮らしの場合問題ありませんが、親と暮らしている場合郵送物も注意が必要です。
郵送物にはプライバシー面を考慮して、モビットという記載はなく、送り主「MCセンター」として送られてきます。

 

モビットという記載がない分バレにくいですが、出来れば郵送物は避けたいですよね。
郵送物を避けるには、カードの受け取り方法を自動契約機で受け取りにします。
インターネットで申込みをした場合、予約番号をもらい、自動契約機にその番号を打ち込めばカードが出てきます。

 

そして、絶対に支払い期日を守ることです。支払いが遅れたとき、郵送で督促がくる場合があります。それを避けるためにも、絶対に支払いは遅れないように気を付けましょう。
※学生でモビットを利用できる人はアルバイトなどの安定した収入がある方に限ります!

大学生はモビットでいくらまで借入れできるか?

次に気になるのは、大学生はいくらくらい借りられるか?ではないでしょうか。

 

モビットは総量規制の対象となる消費者金融会社です。総量規制とは「年収の3分の1までしか融資しない」という法律のことです。

 

つまり、アルバイトで稼いだお金が年間60万円だったら、20万円までしか借りられません。
また、必ず20万円借りられるわけでもありません。色々な審査を重ねて、いくら融資されるか決まります。

 

モビットも、あまり多く貸して返してもらえなかったら困るのです。希望額より少ない可能性はありますが、きちんと返済していけば、借入限度額が増額する可能性もあります。

 

まずは、借りたお金をきちんと返済することを考えましょう。

 

●もし期限までに返済ができなかったらどうなるの?
毎月きちんと返済するつもりでも、予定通りにいかないこともあります。期日までに返済出来ない場合どうなるのでしょうか。

 

まず、損害遅延金というものが発生します。モビットでは年率20.0%の損害遅延金が設定されています。通常は、元金+利息を返済日までに支払いますが、これに遅れた日数分の遅延損害金が加わります。

 

さらに、返済日を過ぎると督促の連絡が来ます。督促と言っても恐喝まがいの恐ろしい電話がくるわけではなく、「返済が遅れていますが、いつ頃返済出来ますか?」という電話がくる程度です。

 

しかし、この電話に出なければ、督促の郵送や勤務先へ連絡がきて、それにも応じない場合は一括返済や裁判など大きな事態になります。

 

そのような事態にならない為に、万が一返済に遅れる場合は、返済日前に連絡を入れましょう。
いつまでに、いくら返せるか連絡すれば督促の連絡はなくなります。

 

連絡しても損害遅延金はなくなりませんので、なるべく早めに返済しましょう。

 

●計画的に返済する為には
返済に遅れてしまうと、郵送物で親にバレたり、遅延損害金で余計な支払いをしたり、大変なことばかりです。

 

そうならない為に、借入を行う前に返済シュミレーションを行いましょう。

 

モビットのホームページに返済シュミレーションが行えるページがあります。希望金額を借りると毎月いくら返済しなければいけないか、どのくらいで返済できるかが分かります。金利は借入金額によって異なりますが、シュミレーションでは18.0%で計算しておくと良いでしょう。

 

その金額や月日を見て、自分の月々の生活費からきちんと返済できるか確認して下さい。

 

ちょっと厳しそうだという場合は、まずは生活費を見直すか、アルバイトを増やして収入を増やせないか考えてみましょう。アルバイト生活で学業がおろそかになるのも困りますので、バランスも大切です。

 

学生が借入を行える消費者金融はモビットだけでなく、プロミス、アコム、レイクなどがありますが、どこで借入を行うにしても大切なのは返済計画です。

 

返済まで考えて、モビットを賢く活用しましょう。

 

※学生でモビットを利用できる人はアルバイトなどの安定した収入がある方に限ります!