モビット審査

モビットの審査に落ちる理由は?

モビットの審査で落ちないようにしたいと思っても審査に通過できない方がいます。どのようなカードローン会社でも、必ず確かめたいのが、
「申込者の返済能力」ですね。
しかしモビットの審査は、収入だけで判定は出来ません。

 

モビットの審査で落とされないために前提として必要なのは、
総量規制の対象となる、年収の3分の1以上の借金をしていないかが重要となります。
例えばあなたの年収が1000万円だったとしても、無担保の借金が333万円ある人はモビットの審査に通過する事ができません。
 
ただし、これらは無担保ローンですので自家用車や住居が担保となっている住宅ローンや車のローンは総量規制の対象外となっており、総量規制は関係ありません。

 

また、一度に何社も申し込みをしてしまう事は絶対にやめましょう。一度に複数社申し込んでしまうとよほどお金に困っていると判断されますので、モビットの審査に通過する可能性がかなり低くなってしまいます。  この事を申込ブラックとも言います。

 

上記の事に充分気を付けながら、モビットのお試し診断をしてみましょう。
モビットのお試し診断は、他社からの借入額と年収の二つの情報を入れるだけでモビットの審査に通過できるかどうかチェックする事ができます。 

 

⇒モビットは土日でも15時以降でも当日借入れが可能!

 

⇒モビットの審査通過の確率をアップさせる方法

 

※注意!10秒簡易審査は正式な申し込みの事前審査であり、シュミレーションではなく正式な申込の事前審査です!
名前や生年月日などの情報は間違いなく入力しましょう!

 

今は正社員でも多様な働き方がありますし、
所属している企業も様々な業態になっています。
瞬発力のように月給の高さがあっても続かなければ、いずれ返済できない状態に陥ります。

 

お勤めの会社に長く在籍しているということは、長年倒産していない会社に所属して、
安定した収入を得ている、と言うことで信頼できます。

 

「安定的な収入のある方」と基本条件に記載されているのは、このような理由があるのです。
お住いも持ち家が一番信頼性は高いですが、賃貸でも長い年数の居住実績があると信頼度は上がります。

 

⇒WEB完結申し込みかカード申込、どっちがいい?

 

 

⇒WEB完結申し込みで誰にもバレずにモビットに申し込む方法

モビットの審査に落ちてしまう原因?

 

〜モビットの審査に落ちてしまう人の特徴まとめ〜

 

例えば、転職したばかりで勤続年数が少ない人。
これはモビットの提示する「安定した収入を得ている人」という項目と少しずれてしまうので、審査落ちの可能性は高まります。 

 

しかしよく考えてみてください。 
勤続年数が短い人とひとくくりにしてしまいがちですが、
正社員としてその会社に在籍している事
という事実があるだけでかなりのプラスポイントだと考えてみても良いのではないでしょうか。 

 

アルバイトや派遣社員でも安定した収入があればOKとモビットは言ってます。 
ではあなたは、アルバイトで月15万円の収入を得ている人と、
正社員になって2か月で月15万円の収入を得ている人どっちにお金を貸したいと思いますか? 

 

間違いなく後者ではないのでしょうか。 

 

というわけで、正社員であれば勤続年数はあまり気にしなくても良いのでは?
というのが管理人の感想であります。 

 

当然、住宅ローンを申込む時は勤続年数が重要な判断材料となります。 
それは銀行側からすれば当然で、貸し出す金額が大きいからですね。
返済期間も35年とか長期に渡るものなので、慎重になるのはごくごく自然な事ですね。 

 

しかしモビットの貸し出す金額は、
申込んで最初の借入金額は50万円以下です。
これは申込んで最初は50万円以上借りる事ができなくなっているからです。

 

50万円貸すのと3000万円貸す時の審査の基準は違って当然です。
かなり勝手なこじつけかもしれませんが、モビット審査を受ける時は、
正社員の人は勤続年数はあまり気にしなくても良いのでは?と思うのが正直なところです。

 

モビットの審査では何が見られる?

モビットの審査では、返済能力として収入の状態だけを見るのではありません。
また返済遅れなどの問題をチェックする以上に細かい確認をしています。
それは、「最近、審査の申し込みを受けているのか、結果はどうだったのか」というところまで見ます。
それぞれ審査基準を設けています。

 

6ヶ月程度の間で、もしも複数件数で立て続けに審査を受けている場合、お金に困っている方という印象が強くなります。
もしかすると、他社返済に困っていて、その返済に当てるために融資を受けたいのではないかという疑問も出るでしょう。
そして、3ヶ月以内で3社の申込をするほど頻繁に審査を受けていれば、申し込みブラックという判定がされます。

 

申し込みブラックというのは短い期間で連続して審査申し込みをして、しかも全て審査落ちになっている方のことです。

 

一度、申し込みブラックになると、暫くの間は信用情報に履歴が掲載されますので、どちらのカードローン会社に審査を申し込んでも通過しないと思って良いでしょう。
このように信用情報にはご自分の不利な内容の掲載がされない工夫も必要になります。

モビットの審査では住宅ローンや車のローンがあると不利?

モビットでは、住宅ローンや車のローンがある方は不利なのでしょうか?
この2つのローンは、残高が多くても特に問題はないでしょう。
銀行などでの審査通過をしている方ですので、一定基準は満たしていると判断されます。

 

そして、年収の1/3以上の融資を受けてはいけないという総量規制でも住宅ローンや車のローンは対象外としているので残ローンを気にしなくても良いでしょう。
順調に支払いをしていれば、返済能力がある方という印象も強くなりますね。

 

1回程度なら、なにか事情があったのかとも思えますが、複数回に渡ると、「自分の能力を上回った買い物をして、尚且つ支払いの出来ない人」と見えませんか?
そうすると、返済能力の低さが目立ちますので、モビットからの融資を受けるのは簡単ではありません。
住宅ローンや車のローンを利用する時は、高額の買い物ですので支払いが遅れずに出来ていれば信頼度を上げる証拠になりますし、返済が遅れたらご自分の信頼度は下がるものだと思ってください。
これらのローンの返済状況も、信用情報で照会できますので、黙っていたらバレないというものではありません。
銀行やクレジット会社、カードローン会社のようにお金に関わっている業種では、この信用情報は見ることが出来ます。
返済はきちんとしていれば有利な情報として働きますので、お金に関することは、しっかり管理しましょう。

 

⇒モビットの借入診断はコチラをクリック!

モビットの審査では、その他に何を確認するのか

 

モビット審査に落ちないためと考えて、虚偽の申告をする方もいるようです。
恐らくモビットの審査を受ける前に、いろいろと調べた結果、
クリアしたほうが良い審査項目が分かるのでしょうが、ウソをついてでも審査に通ろうとしても無理ではないでしょうか?

 

各種の情報は確認すると本当なのか虚偽なのかは、簡単に分かってしまいます。
仕事が変わったばかりでは思って、前職の会社名と電話番号を申告しても、在籍確認をすると退職しているのは直ぐに分かります。
お住いも年数を多く申告しておけば良いと水増しする方がいますが、住宅ローンの開始年をチェックすると簡単に分かりますね。
返済能力を判断する情報も大事なものとして取り扱われますが、「信頼出来る人なのかどうか」と言う部分まで見られていると思って良いでしょう。

 

カードローン会社は、信頼に対して融資していると言っても過言ではありません。
初めからウソをついて審査に通過しようとする方は、何かしらの問題があり、信頼することは出来ない、従って融資の対象にはならない、と言う判断も出来ます。

 

人間の心理としては、紙に書くものは書きなおすのが大変だと慎重になり、WEB完結の様に入力し直しが出来ると思うとチェック漏れが出やすいです。
便利なWEB完結でモビット審査に申し込むのなら入力の間違いがないかを充分に確認してから送信するということが必要でしょう。
忙しいサラリーマンやOLさんは、時間を惜しんで審査に申し込むでしょうし、慣れたパソコンで油断も出ます。
モビットの審査に落ちないためには、正直な申告と間違いのない入力を確認するようにしてください。

 

⇒以上を踏まえて、モビットのお試し診断でまずは借入れ可能かどうかチェックするならコチラ!